お金にお金を稼いでもらうべきである。

私はお金が大好きです。中にはお金より人格が重要という人もいますが、それはお金あっての人格だと思います。
何でもまず重要視、物差しとして見られるのは、お金だと思います。お金があれば良い教育を受ける機会も増えますし、
食事マナーでも幼い頃から学ぶ機会が多いと思います。その為、私はお金が好きですし、人生において欠かすことの
出来ないものであると考えます。

現在、私は社会人として働いています。収入はメディア等で報道されている平均年収くらいは稼げているので、
普段の生活で困ることは何らありません。しかし、私にはやりたいこと、欲しいものが沢山あり、到底今の給料では
満足することができません。

自己欲求を満たすために、私はあらゆることを考えています。
その一つに、クラウドサービスを活用したビジネス。これは誰でも容易に参画することができ、
リスクなくお金を稼ぐことが可能です。しかし、難点としては1件に対しての対価が安いということです。
それなりの労力がかかるにも関わらず、対価は数十円や数百円とそれだけではお小遣いにもならないという感じです。

ただ、空いた時間にスマホ1つで作業をできる点については良いと思い、私も利用しています。
その他、私が考えているのは、FX取引です。FXには前々から興味関心はありましたが、ハイリスクハイリターンの
イメージが強く、また証拠金を捻出することが出来るかどうかでなかなか手を出すことができませんでした。

しかし、お金を稼ぐことには必ずリスクは付き物です。また、FXは4千円からも始めることができます。
利益幅は弱まりますが、少額投資によるわずかな利益の積立が可能となり、損するリスクは低下されるはずです。
私はまだまだFXについて無知ですが、お金を増やすためには努力は惜しみません。

銀行口座開設が出来次第、FXを始めたいので、今からあらゆる雑誌やインターネットで情報をみて、勉強をしています。
お金は大事であるからこそ、念入りの準備は必須ですが。

お金の感覚がなくなってくるコンビニのアルバイト

私はコンビニでアルバイトをしていたのですが、最初にすることは中間回収と残高計算です。
中間回収は1万円札をビニール袋に入れて、金庫に入れるのですが、多い時は10数万円ありますし、
ない時は全くないこともあります。レジのお金が入っているところの下の方に1万円札は入れてあるのです。

そして、残高計算はスケールに小銭を入れて、いくらあるかを計算します。
500円玉から100円玉、50円玉、10円玉、5円玉、1円玉に分けてスケールに入れて、あとは5000円札、
1000円札を数えます。私はその残高計算が苦手で、いつもなぜか間違ってしまうのです。

レシートに残高計算の結果が出てくるのですが、それが「0」になっていればいいのですが、
マイナスになっていたりするとまた最初から計算しなおさなければなりません。

残高計算はシフトが変わるたびに行われるのですが、朝6時、朝9時、午後1時、午後5時に行われていて、
夜中は働いたことがないので、どうなっているのかわかりませんが、とにかくお金を触るのが嫌になってきてしまいます。

レジでお客さんからお金をもらってお釣りを渡す時も、ほとんど頭では計算していなくて、
レジに表示された金額を渡す、というような感じです。

半端な金額を小銭で出す人がいて、時々、どんなお釣りの額が欲しいのだろう、と不思議に思うことがあります。
お釣りを渡す時にも、声に出して、金額を確認しながら渡すようにしていますが、なかなか慣れず、
お金の感覚がなくなっていくのがわかります。

お金は汚れているので、お金を触った後は、石鹸で手を洗うようにしています。
仕事の最後は金庫の計算なのですが、1万円から1円まで、金庫にあるお金を全部調べるのですが、
それがなかなか面倒で、お金を触るのが嫌になってしまいます。
金庫のお金の計算があったらほっとしますし、やっと仕事が終わったな、
というような気持ちになって、後は手を洗って帰るだけだと思うのです。

お金の正しい使い方

お金は、物やサービスなどと交換するための手段です。
ただ持っているだけでは、その機能を発揮しません。
多くの貯蓄や資産を抱えていると安心しますが、お金本来の役目は使うことなのです。
お金の正しい使い方について、ご紹介したいと思います。

①自分の本当に欲しい物に払う
節約や倹約を意識すると、お金をなるべく使わないということに特化していきます。
ですが、それは正しい使い方ではありません。
自分が本当に好きな物を買うことが、本当の意味での節約に繋がっていくのです。
と言っても、無限に使えるお金がある訳ではないので、優先順位を決めることが大切です。
自分が譲れないことや優先したいことにまずは惜しみなく使い、不要な物を排除していくのです。
自分なりのメリハリが大切です。

②価格で決めない
自分の本当に好きな物を買う、という①の使い方に共通する部分がありますが、価格で決めつけない
こともすごく重要なポイントです。
例えば、電化製品を買うとして、ネットで最安値の物を探して買うか、または信頼できる家電量販店で
買うか、あなたならばどちらを選ぶでしょうか。
私は普段、どちらの購入方法もとりますが、その時の決め手となるのは、購入したその後の対応や、
その人から買いたいと思うかどうか?です。
いくら安いネットで購入しても、故障した時の対応が悪ければ、安さ以上に体力・時間などを浪費
してしまいます。
1万円高い価格で店頭購入したとしても、故障時の対応や困った時の対応が満足のいくものであれば、
時間の消費を考えると結果的に1万円以上の価値が生まれることになるでしょう。
何でも価格が安ければ良いというものでもないのです。
きちんとしたサービスや品質のものには、それ相応のお金を支払う必要がありますし、長期的な視点で
捉えた時に、結果的に得をする場合も多いです。

③お金があることを実感し、感謝して使う
これを買ったらお金がなくなってしまう・・・自分は全然お金を持っていない・・・と悲観的になって
いませんか?その考えは間違いです。お金はあるのです。少なくとも、毎月、働いたお給料という形で
収入がある人がほとんどだと思います。貯められる程お金は無かったとしても、生活していく分に必要な
お金は、ほとんどの人が持っているのです。
まずは、お金がある、ということを実感することが大切です。
そして、持っているお金を気持ち良く送り出してあげる、たったこれだけで、お金の流れは良くなります。
お金を使ってしまっても、またお金を得る手段や方法はいくらでもあります。
お金をないと思わないこと、そしてまた稼ぐ・得るということを考え、気持ちよく支払う、これに
尽きます。

日々の意識や習慣、お金への向き合い方を変えるだけで、お金の奴隷となっている自分に気づくことが
出来るでしょう。
お金と上手く付き合い、有効な使い方をしていくために、以上のことを実践してみてください。
きっと、生きることが楽しく、前向きになることと思います。

食後のデザートは必須

我が家では夕食の食後のデザートをみんなすごく楽しみにしています。

子供が小さい頃からいつも楽しみに、ご飯をいっぱい食べたらデザートあるよ~などと言いながら、今も子供達も主人もデザートをすごく楽しみにしています。
以前、親戚の者に聞かれたことがありました。姪っ子が泊まりに来た時に今日の食後のデザートはこれ~と出したのが、すごく心に残っていたみたいで、お姉さんに毎日デザートしてるの?と聞かれました。
デザートと言ってもいろいろなのですが、小さな子供にとってはすごく嬉しいイベントみたいなものだったのでしょう。
旬の果物の時もあれば、いただき物のお菓子の時もありますし、手作りのスイーツの時もあります。
絶対にこんなものという決め事は全くなく、食後のひとときの楽しみみたいな感じでした。
そして、子どもがだんだんと大きくなってきて、大人に近づいてきました。
でもやはり家でご飯を食べる日は、今日のデザート何?と聞いてきてくれます。やはり小さい時の癖というか、楽しみの一つになっているのでしょうか。

小さい頃からは少し雰囲気が変わってきました。コーヒーを淹れて、少しの美味しいお菓子。例えば少しだけ高級なチョコを一粒だとか。緑茶を入れて、和菓子を一つだとか。何となく少し大人な雰囲気にはなってきていますね。
一番多いデザートはフルーツが多いかなぁと思います。朝、昼はなかなか時間がない忙しい家族なので夜にフルーツを摂ることが多いですね。
でも甘いもの食べると太ってしまうのがとにかく悩み…。
そんな時に友人に紹介されたのが「びかんれいちゃ」というお茶。
甘いのにカロリーオフという一見矛盾していますが事実なすごいお茶があるのです。
まぁそれでもフルーツは食べちゃうんですけどね。
食後にあっさりとフルーツはほんとに美味しく感じます。季節の旬のものを美味しくいただく、一番ゆっくりとした時間で、一番家族がそろっておしゃべりしたり、笑って楽しいひとときです。
小さい頃からこのデザートの時間を作っておいてよかったです。家族が集う時間があまりない今は、とっても大事なデザートタイムです。
これは私が実家でも母がいつも、デザートの時間を作っていてくれていたからこそできる時間だと思います。
実家の母に感謝です。娘たちも忘れずにこうやってデザートタイムを作っていってくれたら嬉しいなぁと思います。

無理に覚えようとしない

人間の脳は、「間違い」や「失敗」、「誤り」といった要素のことはインプットしていくことは述べました。それに対して、無理に記憶しよう、無理に覚えようとすると、なかなか頭には入り切らないということを経験したことはよくあるのではないでしょうか。
試験勉強などで、その場しのぎで無理に覚えようとした年号や公式などは、なかなか頭に入っていきません。また、よしんばその場は何とかなったとしても、意識として脳にインプットされていませんから、それはすぐに消えてしまいます。
こうした繰り返しをしていると、記憶脳としては、作り上げられていかなくなってしまいます。逆に、せっかくの記憶力も、低下していってしまいます。そのためには、無理して覚えようとしないことです。丸暗記をしようとすることによって、脳はそれを拒否しようという意識が働いてしまいます。
それよりは、常に意識として考えていくということを日常の中で続けていくことなのです。与えられた情報を覚えようというのではなく、考えようということを日常の中で自分の意識に定着させることが記憶力を低下させないための一つの方法ともいえるのです。

記憶力の高まる時間帯がある

脳の記憶力アップをさせていきたいという場合、トレーニングそのものも効果的ですが時間帯も関係しているといわれています。人間は、時間で活動するものですから、時間でリズムを作ることも記憶力を高めていくには大事なポイントとなっていくのです。
とくに、記憶力を低下させない最適な時間帯があります。それは「朝食後」です。
考えてみれば当然の理屈で、仕事が終わってから夕方や夜に、頭を使うことや、自分の好きな趣味の時間を過ごそうと思っても、あまり効率が良くないということがあります。それは、当然です。夕方を過ぎると頭の回転も鈍くなっていますし、日中の作業の積み重ねもあって心身ともに疲労しています。脳も体と同じですから、疲れている状態では機能が低下するのは当然です。
よく、「気持ちが疲れた」、「精神的に疲れた」ということを言いますが、それはまさに、脳が疲れているということなのです。そんな状態では記憶力は低下していきます。そこで無理することをしないで、十分な睡眠を得て脳が疲れていない時間帯を上手に利用することが、記憶力を低下されない方法の一つだともいえるのです。

アロマテラピストの特典

アロマテラピストの特典だとアロママッサージサロンで頭角を現すことをできるようにするを手始めにの他でも整体や、産婦人科などによってであろうとも立派な働きができると考えますやり、宿屋または運動クラブ、ビューティー室の他にもサロン等々でたりとも大車輪の活躍できそうな特権はずです。そういうことの周辺に経験値の上、からだという胸のうちの外観を修復することを目標としてご依頼者様としては癒しだったりリラクゼーションと言われるものをご馳走するということなのです。相談を先頭に、アロマセラピー、そして内的学あるいは、広範囲の睿智のは勿論のこと才能だろうとも入用になる特典だということです。アロマテラピストを狙うなら認可を外すことができませんやつに、認可仕掛けが準備されたそうなのでそっちの試行に臨んで合格ラインに到達しなければ困ります。これらの許可組織というものに関しては今回多く所有していますから、判別システムのにも拘らず指定して大切勉強としてワークショップを受けたうえで完了行なわなければテストを受ける権利を出してもらえない店も有り得ますから定められた公認仕掛けともなると考えてみればいいのです。アロマテラピストの免許を獲得するを目論むなら学園へ覗くつもりか、それとも通信教育コースの方法で値を引くくらいの方もあり得ますから、どっちかチョイスすることなのです。アロマテラピストの免許証を評価している体系に相応しく高名な職場においては社団事業体国内全土エッセンシャルオイル基盤協会が考えられます。この病状は1996年より考案されたのエスんだけれど、和風香り成分社会環境協会というのはライセンスを扱ってアロマテラピストに替えて必要条件を満たした手の内等アイディアが完備されているのだろうか観てるのです。こういうアロマテラピストの免許を回収したからと向かって間違いなく躊躇せず仕事につけるでは無くてて資格習得が完成したら1人で雇用先を獲得することをおすすめします。上に国内で生じるアロマテラピストの資格を了承しているメカニクスのは津々浦々アロマコーディネーター協会、ナード・アロマテラピー協会、状況アロマセラピー行政官庁のこいつの三つがあってひっくるめて例えたら4つの判定機構が準備されているになりますので、相互の協会のネットサイトと言われるものを聞いた場合にどのアロマテラピスト公認政府機関の権利を習得するのかについてひとたび想定してみるというのが良いと思われますね。アロマテラピストの権をゲットしたというもの、アクセスした人の憧れというわけで香しさを選択概況を整え悪い点なスポットに機能する時に用いる処理をするのです。緊張実際にここで実に負担んですが目詰まりして必要という名の自身につきましては多いと聞きました側より、アロマテラピストというものこのようなダメージ場合に滞って不可欠自身の対策を実施するということが必須だろうと感じます。メンタルの保全一方でカラダのお手入れも行って癒し系といったリラクゼーションの余剰を並べるのが免許と言えます。

脱毛してスタートラインに立つ

きちんと手入れをしない脱毛より不毛なものもないでしょう。
せっかく綺麗にしても、その後ほったらかしでは脱毛した肌も泣くってもんです。
脱毛は無料ではありませんが、美容院と同じようなものです。
髪の手入れをするのと同じく、脱毛したあとも気をぬくことなく手入れはしましょう。

そこまでいくと永久脱毛したほうが早いんじゃないかという声もあると思います。
しかし、やはり永久脱毛に踏み切るには中々の勇気が要ります。
それに永久脱毛したらしたで、今度は他の部分の手入れが必要になってくるのです。

脱毛しただけでいきなり美しくなるわけでもなければ、一生悩みがなくなるというわけではないのです。
言ってみれば、脱毛はそれまでの悩みを除去して、ようやく自分自身を取り戻したというスタートラインです。
今までスタートライン前でウロウロしていたのがようやくスタートラインに立てただけでしかありません。

スタートを切ったにも関わらず、手入れもせずにほったらかしにしてしまえばいつまでもスタート地点から動くことはありません。
勘違いしないでくださいね、まだ皆様は脱毛したとしてもようやくスタートラインに立っただけなのです。
借金を返し終わって新生活が始められるのと似た感じです。
さぁ、そろそろ脱毛の次のステップに進もうじゃないですか。

脱毛は夏だけじゃない!

脱毛というと肌を露出する夏というイメージが強いですが、実は脱毛というのは年中人気があるものだったりします。確かに冬は夏に比べ露出の機会は少なくなりますが、全く露出しない訳ではありません。

特に女性の場合は、男性の目線よりは同性である女性の目線を意識している人がほとんどです。 肌がキレイと思われるのは男性よりも女性に思われた方が嬉しかったりします。

そんな中、最近は女子会など女性だけで集まることが多くなりました。 女性だけで温泉に行ったり海外旅行に行ったり…。

当然、一緒に温泉に入ったりするなど肌を見せ合う時もある訳で、そんな時キレイな肌でいたいと思うのが女性心理なんです。この辺は男性にはちょっと理解し難いところかもしれませんね。

男性というのは、同性にどう思われるかよりも、やはり女性を意識している人がほとんどだと思いますので、同性を意識するという感覚はちょっと伝わりにくいかもしれません。

脱毛サロン自体も冬は暇なのかというと決してそうではなく、男性にとっては肌を隠しているこんな季節も女性は必至に自分磨きに頑張っていたりします。女性の肌はいつ触ってもスベスベだと思いませんか?それは季節に関係なく努力しているからなんです。

今やオールシーズン脱毛をしている言っても過言ではありません。 脱毛サロン自体の価格もすごく安くなりましたし、脱毛をする側の女性にとっても自己処理をするよりは脱毛サロンに通うこと自体とても気軽な時代になりました。

女性の美に対する意識は時代によって変わってくるものですが、脱毛というジャンルは常に一定ですからね。毛が生えていた方がキレイということは今後もきっと無いと思います。脱毛シーンは今後も一層賑やかになっていくことでしょうね。

近い将来、冬でも脱毛サロンがいっぱいという時代が来るかもしれませんね。

脱毛の方法にも色々種類があるんですね!

今まで自分で自宅で脱毛をしていたせいか、
脱毛はしてきたけど脱毛に関する知識が全くないんですよね。

最近主流なのが光脱毛というものですが、
これは何回も光を照射することによって毛根を破壊し脱毛するというやり方です。
これだと例えばサロンに行っても料金はリーズナブルですし、家庭用脱毛器なんかもこのタイプですね。私は脱毛と言えばこれしか知らなかったんですが、世の中にはとても強力な脱毛方法もあるみたいですね。

例えば、ニードル脱毛というものがあります。

これは毛穴の一つ一つに丹念に電流を流して毛根を破壊するというものらしいのですが、なんか聞いただけでもすごく痛そうですよね。実際に痛いらしいです。でも、効果は抜群で、これこそが永久脱毛と呼ぶにふさわしいやり方だそうです。

実際これをやってみた方の口コミなんかを見ると、仕上がりはものすごく良いらしいですが、めちゃくちゃ痛いらしいです。そして料金がものすごく高い。

そりゃそうですよね。
だって、毛穴の一つ一つに電流を流すって毛穴って何個あるのか知ったもんじゃない。
数えるだけでも気が遠くなるのにそこに電流を流すんですからね。
高いのも納得です。というかその作業で安かったら誰もそれで商売しませんね…。

他には、光脱毛とはちょっとだけ違うレーザー脱毛というものがあるらしいですが、これもニードル脱毛までとはいかないものの、痛くて高いらしいです。

うーん、やっぱり総合的に光脱毛が一番良いかもしれませんね。
貧乏な私にとっては安いのが一番の魅力です。

光脱毛で今一番人気なサロンがミュゼプラチナムらしいです。
以前私も通っていたことがありますがとても良いサロンですよ!

でも毎回ものすごく混んでたので私は止めてしまいましたが…。

平日とかに通えるかたならミュゼはオススメ出来ますね!
安くてちゃんとキレイになりますからね!

そんな私は今年も自宅で地道に脱毛するとします。